児童科

楽器を始めるお子さまのための科目です。
ピアノ、声楽、ヴァイオリンの内いずれか1科目を選択して個人レッスンを受け、並行してソルフェージュのグループレッスン指導を受けられます。
修了後は修了演奏会を経て、専攻コースへ進むことができます。

児童科1名音校
『児童科』ならではの特徴

☆実技と並行して受けるソルフェージュレッスン
音楽を学ぶことはピアノ、ヴァイオリン、声楽などの技術と、理論から成り立ちます。ソルフェージュはその理論にあたるものです。
名古屋音楽学校のソルフェージュ・グループレッスンでは、聴音により音感、拍感を身につける、楽譜を読み書きする読譜力を養う、リズム感を養う、歌うことでフレーズ感を身につけるなど、実技レッスンと並行して行うことで技術と理論の両方がバランスよく上達するよう心掛けます。

☆ピアノ・声楽・ヴァイオリンから実技選択
各楽器の担当講師による個人レッスンでお子様の成長に合わせたレッスンを行います。
ソルフェージュレッスンで学んだことを生かしながら楽譜に親しみ、理解して演奏できるよう心掛けます。
演奏技術はもちろんのこと、「おねがいします」「ありがとうございました」の挨拶、レッスンを受けるマナーも身につけます。

レッスン回数
週1回
レッスン曜日
ソルフェージュ(グループ30分) 月・木曜日
実技(個人30分) 毎日開講
期間
3年間(修了者に修了証書授与)
講師
ソルフェージュ 加藤章代、村瀬千恵
実技 名古屋音楽学校 各楽器講師

ページ上部へ戻る